読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三國正樹 『読書記録』

今までに読んだ本の記録です。

人生後半のための知的紳士学

著者:板坂元      発行所:PHP研究所

読書年:1997年

印象に残った言葉:普通、パーティーを催すときは、出席者の一人頭三杯分を用意する。飲まない人もいるが、五杯六杯と飲む人もいる。けれども三杯で足りるのだ。酒の強いアメリカ人には不足がちかもしれないが、振舞酒に酔うのは、社会人として失格なので、微醺くらいで抑えるわけだ。(中略)そして、それを楽しみながら、上品な話でひとときを過ごす。

・・・飲めない人に酒を強要する文化は、さすがに現代では下火になってきたように思いますが、基本的に日本の「宴会」文化が苦手です。特に、自分の席を離れてビールを注ぎに回る人が現れる時間。食べ物をほとんど残して会話に興じるのはどうも、といつも思うのですが、これだから友達が少ないんだ、と言われても仕方ありません。でも、高い会費を払って、料理を残しながらお開きになる会というのは避けたい(怒られるかな)。それに「二次会」という、時間に際限のない会は絶対に出ないことにしています。自宅で飲む以外は、基本的には宴会は2時間が限度ではないでしょうか。