読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三國正樹の『読書記録』

今までに読んだ本の記録です。

都市は、発狂する。

著者:栗本慎一郎      発行所:光文社

読書年:1992年

印象に残った言葉:都市は、ムラに象徴される秩序の世界から押し出され、落ちこぼれた人間が流れつき、ホット胸をなでおろし、肩で息をつく場所なのだ。

・・・都市は「反文化」の場であるという考え方を興味深く読みました。私は鉄道が好きですが特に「駅」の文化が好きです。しかし最近の駅はどれもみな同じような形になってやや寂しい気がします。前橋駅など昔の駅舎がなくなって残念です(高架にするためなのでやむを得なかったとは思いますが)。

http://www.hirosegawamuseum.sakura.ne.jp/eki.html

それと、「光の都市」「闇の都市」という考え方。これもたいへん興味深く読みました。今までいろいろな所で生活しましたが、それぞれの都市の個性を思い出しています。