三國正樹 『読書記録』

今までに読んだ本の記録です。

ピアノの誕生 楽器の向こうに「近代」が見える

著者:西原稔      発行所:講談社

読書年:1998年

印象に残った言葉: 忍耐と勤勉さを持ち、厳しい試練を耐え抜いた人だけが、栄光の華やかな舞台で人びとの熱い視線を浴び、人生の勝利を実感できるのだという、精神主義的な理想は、試練と忍耐は過酷であればあるほど浄化されるのだという自虐的な思想を生み出す。エチュード練習の勤勉さを近代資本主義社会における労働者の勤勉さと結びつけて解釈する人もいるが、ピアノと野球には共通になにかハングリーな精神構造があるような気がしてならない。

・・・現代はこういう意識は一般的には少し違ってきているような気もしますが、エチュードの存在意義について少々疑問を持っています。必要であることには変わりはないのですが。チェルニーの「8小節の練習曲」などを効率的に使用する方法など、研究しているところです。

・・・野球のことが書かれていますが、昔は好きだったプロ野球も最近はあまり見なくなりました。たぶんあの応援のワンパターンな感じが耐えられないのだと思う。サッカーも同じ。

・・・ピアノと共通しているのは自動車、という話も聞いたことがあります。新車を買っても最初のうちはいい走りをしない。「慣らし運転」のあとで気持ちよく動くようになる。中古市場が多い(「ピアノ売ってチョーダイ」等)。メンテナンスが重要。等々。違うのは国産と舶来の価値観くらいかも。

・・・ピアノを演奏することは楽しいことです。そう思って練習しないとつまらない。それだけは言えると思っており、コンクール受賞歴のほとんどない私は、ここに書かれているような労働者的ハングリー精神で試練を受けるといったピアノの練習については懐疑的なのです。現代はコンクールで賞をもらうためのピアノ、という文化になりすぎてはいないだろうかということもいつも考えます。もちろんあるパッセージを弾けるためにエチュード等を何度もさらうことはある。しかし、いずれ「楽しく音楽を行うために」最小限の努力をしているのであって、エチュードそのものが生きがいだとは思っていない私ではあります。ただ、仕事として演奏を行う時は「楽しく」などとは考えておりませんので悪しからず・・・