三國正樹 『読書記録』

今までに読んだ本の記録です。

街場の五輪論

著者:内田樹小田嶋隆平川克美    発行所:朝日新聞出版

読書年月:2017年7月

印象に残った言葉: そういう「ほとんど人が住んでいない」場所を作り出して、最大限にそれを活用しようというプランはもう官邸内部ではできてると思うよ。

・・・「汚染水による影響は完全にブロックされている」という首相の発言について書かれていました。ブロックされているとは当時から思っていませんでしたが、本日(2017年7月22日)のニュースで「燃料デブリ」のことが報道されています。東電会長による「汚染処理水を海へ放出」の発言を見ても、原発事故の問題が決して安心できるものなどではないということが分かります。

www.tokyo-np.co.jp

・・・本来、みんなでやることは正しいことだ、という思想が好きではない私でした。何か疑問があれば発言してしまう癖があり、そのせいか団体行動に馴染めない部分が若干あります。でも、この本を読んで、そういう人間が世の中にいてもいいのかなと思ったりいたしました。

・・・オリンピックのニュースは東京都知事関係でも報道されていますが、終わった後のことも考えていろいろな政策を行って頂ければなあと思っているところです。

・・・それにしても私の住んでいる市では市街地の空洞化がひどい。シャッター街が増え、にぎやかなのは周辺地域にある大規模店舗、スーパーなどになってしまいました。自家用車でないと買い物にも困るような状況です。昔ながらの商店街で、人々の会話が楽しかった時代はもうこないのでしょうか? オリンピックが終わったあと、結局喜んだのはゼネコンだけだった、庶民の暮らしは以前より悪くなった、ということにならないよう祈ります。