三國正樹 『読書記録』

今までに読んだ本の記録です。

これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング

著者:永井孝尚      発行所:SBクリエイティブ株式会社

読書年月:2017年8月

印象に残った言葉: 高い買い物をした後、広告が気になるのには、実は理由がある。「本当に買ってよかったのか?」高い買い物をした人ほど、内心、そんな不安を抱えているのだ。

・・・マーケティング理論について知ることができた一冊です。私の仕事とは直接関係がありませんが、世の中がどう動いているのかを知るのは楽しいことです。たしかに「売った後のフォローがとても大切」とありましたがその通りだと思います。

・・・ピアノも全く同様で、いくら素晴らしい楽器を新品で買っても、その後の調律でひどい楽器になったりすることがあります。何度か経験しました。調律師との出会いは大切だと思います。現在の夢は、定年後に調律を学んで自分で楽器を管理できるようになることです(音合わせと簡単な調整は現在でも自分で行っています)。

・・・ところでそのピアノ調律師関係の漫画があり、一時読んでいましたが、巻が進むとけっこうグロテスクだったり残酷だったりする描写があり、以前読んでいたものも含めて全部処分してしまいました。音楽芸術にはやはりそういう描写は似つかわしくないものだと思います。別にきれいであでばそれで良いとも思いませんが、私の仕事柄絶対に見たくない描写がそこにはあったので。こういうことも世の中にはあります。