三國正樹 『読書記録』

今までに読んだ本の記録です。

日本中枢の狂謀

著者:古賀茂明      発行所:講談社

読書年月:2017年8月

印象に残った言葉: しかし、官僚たちの頭の中では嘘をついたことにはなっていない。「汚染水が完全にブロックされている」といったら、それは嘘なのだが、安倍総理はそうはいっていない。「汚染水の『影響』は完全にブロック」といっている。そして「影響」という言葉の定義は行っていない。

・・・原発事故の汚染水については、現在になっていろいろと当時のことが分かり始めているようです。恐ろしいことだと思います。

・・・そして、「原発マフィア」についての記述も興味深く読みました。

・・・暑い日になると某放送局が「L字テロップ」を流すのが苦手です。あの動く文字を見ていると乗り物酔いをしたような感覚になるためですが、それとともに「エアコンを適切に使って」と何度もアナウンサーが繰り返すのが気になります。私の学生時代は部屋に団扇と扇風機しかありませんでした。しかし熱中症で死んだ等というニュースはほとんど聞かなかったような気もします。これはひょっとすると国民全体に電気を使うように仕向けて原発を認めさせようという陰謀かも(?)

・・・記者クラブについての記述もありましたが、同感です。どのメディアも同じようなことしか書いていない新聞。最近、いろいろなサイトをみていて、本質を報道しているジャーナリストもいることを知りました。今後、注目したいサイトもたくさんあります。